FC2ブログ

不可能を可能にする弾幕パズル ~ 弾幕アマノジャク雑感

2014.05.19(Mon) | EDIT

amanojaku01.jpg


まずは先週の例大祭お疲れ様でした。当サークルスペースに来ていただいた方、有難うございました。
東方風自作曲合同の方も反響が大きく、一参加者としては嬉しく思っています。
さて委託も開始されたことですので、ここ一週間遊び倒していた東方Project新作『弾幕アマノジャク』で久々のゲームレビューといきましょう。ネタバレ注意。


amanojaku02.jpg
東方というと最早説明不要な弾幕STGなわけですが、今作は番外編。東方文花帖やダブルスポイラーのシステムを受け継いだスペルカード(ボス)戦メインのミッションクリア型となっています。
プレイヤーは前作の東方輝針城に登場したお尋ね者の天邪鬼、鬼人正邪を操作して追手の放つ不可能弾幕を反則アイテムを駆使して突破していくことになります。
文花帖二作の根幹を成していた「カメラで弾幕を切り撮る」はアイテムの一つとなり、他にも「一定時間無敵」や「画面の端から端へワープ」「時間差で弾消しボム」など様々なアイテムを有することで攻略の幅が大きく広がりました。
どのアイテムをどのタイミングで使えば楽か、それを探していくのが今作の楽しみの一つと言えるでしょう。
スペルによっては特定のアイテムを使えば極端に易しくなるので、頭を使えばそれほど弾避けの腕はいらずしてクリアできるはずです。


amanojaku03.jpg
反則アイテムの一つ、身代わり地蔵。ミスをなかったことに出来る。まさに反則。
アイテムはあらかじめ一つ選んで装備するのでプレイ中に付け替えは出来ません。シルバーガンじゃないんだから……その分操作はシンプル。


今作は文花帖を踏襲しながらもいくつか新しい試みが行われています。
最大の特徴は先に述べた通り反則アイテムですが、このアイテムにはレベルが設定されており、使ってクリアしたスペルの数に応じて成長していきます。
またステージを進めていくとサブアイテムを装備できるようになります。サブアイテムとして装備した場合は通常と別の効果が現れ、例えば「敵の目の前にワープする」陰陽玉は「当たり判定が小さくなる」といった自機の性能を底上げするような能力になります。
このサブアイテム選びも重要なポイント。基本的にはショットの幅が広がる人形を付けておくのがオススメですね。
今作は文花帖と違い敵の体力を0にするとクリアなので撃ち込みが重要、なので火力を上げるとキツイ弾幕も避けなくて済んだりするわけです。後述するノーアイテム縛りをやり始めると特に実感できるはず。


また、今作はレベル1、レベル2という風ではなく一日目、二日目と表記され、正邪が孤立しながら逃亡生活を続けるストーリー仕立てになっています。
ダブルスポイラーのレベルスポイラーの発展系といったところでしょうか。ステージの始めにはボスキャラとの会話が挿入されることもあります。
八日目で唯一の仲間だった針妙丸とも決別し、一人アマノジャク道を突き進む正邪……終盤のテーマ曲がまた孤独感を煽るんだな、これが。ちなみに全シーンクリアすればED的な内容の一枚絵を見ることができます。
ところで成長要素やストーリー性を含んだミッションクリア型STGというと、今年一月に発売された3DSの「Karous-The Beast of Re:Eden-」が思い出されませんか?
果たして製作者があのゲームを参考にしたかどうかはわかりませんが、こういった要素がミッションクリア型STGのスタンダードとなっていくような気がします。


他の新要素には「称号」というものがあります。特定の条件(「○○シーンクリアする」「○日目まで到達する」など)を達成するとそれに応じた称号がもらえます。ようするにPS3やXBOXのゲームによくある実績というやつですね。
これを全部埋めるのがこのゲームの一つの目標と言えるでしょう。手に入れた称号はタイトル画面のNicknameのところから確認できます。
ただとある称号のコメントに「ここまできたらやめてもいい」と書かれていたりしますし、自分の実力に応じて目標を立てていくといいでしょう。


amanojaku04.jpg
とりあえずコンプしました。しかし実は61から70までの「○○を使って全シーンクリア」の裏実績があるとか……流石にそれは人間やめないと(^^;


さて全シーンクリアしちゃった、まだまだ物足りないという諸君。今こそ「反則アイテムを使って不可能弾幕を避ける」というゲーム性そのものに叛逆するのだ! レッツノーアイテム道!
ここでドン引きされる方も多いでしょうが、実は意外とアイテムを使わずとも攻略できたりします。
不可能弾幕と言いつつ抜け道が隠されていたり……純粋に気合避けするしかないやつもありますがw
サブアイテムの一部は装備していてもノーアイテム扱いですので人形(ショット強化)・陰陽玉(当たり判定縮小)・カメラ(移動速度アップ)などを活用しましょう。
ノーアイテムプレイには弾幕STGの神髄が備わっています。アイテムに頼らないということは撃つ・避けるだけですから。そういう遊び方も許されているからして、今作は幅が広いのです。
ちなみに自分は5/19現在ノーアイテム43/75。ノーマルシューターにはそろそろキツくなってきました。やっぱり反則アイテム使いたいなー(お



ちなみに公式PVが公開されています。ビットサミットでの発言から海外展開を見越してのことだったり……


というわけで東方新作のレビューでした。輝針城の時もちょろっと書きましたが。
様々なアイテムを駆使する戦略性の高さ、多彩な弾幕の数々……普段東方をプレイしない方にもオススメの一作です。難易度自体も同系統の文花帖・ダブルスポイラーより易しめ。
ただ二日目が序盤にしては難しく、最終日がそれまでと比べて極端に難しかったり、バランス面でちょっと惜しい部分も感じられますが、そこはアイテムのレベルを上げて殴りましょう!
それでは良きアマノジャクライフを~
スポンサーサイト



コメント

PageTop↑

コメントの投稿


プロフィール

Author:宇佐城
同人サークル「月宇佐城」代表
たまに漫画やSSを書いてます
よろしくお願いします


当サイトはリンクフリーです
mail:usg_hiyoko★yahoo.co.jp
(★を@に変換してください)

サイトバナー

カウンター

検索フォーム

QRコード

QR