バックナンバー

スポンサーサイト

--.--.--(--) | EDIT

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

--:-- | Comment(-) | Trackback(-) | PageTop↑

近況報告&なろう連載開始他

2017.11.05(Sun) | EDIT

どうもこんばんは、宇佐城です。
残りも残すところ二カ月となりました。長い冬の始まりに憂鬱な冷え性でございます。台風は先月で最後と思いたいですね。
それにしてもまた更新をサボってしまってすみません。その間私事では訓練校に通い始めて社会復帰を目指したりはしています。この歳で学校生活というのもなんですが……
もっともたつき監督降板に端を発する一連の騒動で甚だ精神を消耗したというのが間が開いた一番の理由です。それがなければみさき公園のナイトズーや広島パルコのコンセプトデザイン展のレポ記事を書くつもりだったんですがこの通りで。色々出来ることをやってみたものの結局監督が復帰することもなく、事情が明らかになることもなく、たつき・吉崎観音氏を中傷してアフェリエイトを稼ぐメディアだけが利を得た、何ら稔りの無い結果でした。そういうわけで現在は距離を置き、関連商品の不買だけは個人的に続けています。クリエイターに限らず実績ある人がきちんと報われる世の中であってほしいものです(現実にはそうでないのを痛感させられるばかりです)。
ニコニコ動画も抗議の意味合いで退会しましたが、アツマールで拙作『ようこそ地下迷宮へ』をプレイされた方有難うございました。ゲームはまた気が向いたら作っちゃうので、その時はまたプレイしていただければ幸いです。


と込み入った話はこの辺にしておいて、実は更新をサボっている間一次創作小説を書いていました。
それがそこそこの量になってきたので、思い切って小説家になろうにて連載してみようかと。てなわけでその告知です。というか先日第一話を投稿しちゃいました。

『転士1/48 ~ Cheat Battle Royal』

巷で流行の所謂異世界転生物です。しかも設定上48人もいる異世界転生者が最後の1人になるまで戦う所謂バトロワ系デスゲーム物です。さらに転生者は(前世が男でも)皆女の子でカップルを作るTS百合(この場合百合と言うのは不適切かもしれません、全国の百合好きの皆さんすみません)です。そんな胸やけしそうな感じの話ですが、ありきたりだけど面白いジャンクなバトル小説を目指して書いていきますので良かったら読んでみてください。
一次創作と称しながら二次創作みたいなもんですが……まぁ相変わらず自分の好きな物を詰め込んでいますので、あまり万人受けする内容にはならないと思います……ひとまずはストックを毎週載せていきますのでよろしくお願いします。


ついでに趣味の話も少々。
最近は実写ドラマ・映画の『HiGH&LOW』にハマっています。EXILE TRIBE(今のEXILEにはEXILEだけでなく三代目 J Soul BrothersとかGENERATIONSとか色々なグループがある)有するLDH製作のオリジナル作品でEXILEのメンバーが役を演じ、アクションをこなし、その上テーマ曲を歌っていたりします。それがもう、ハチャメチャな面白さを生んでいるのなんの。
伝説のチーム「ムゲン」解散後頭角を現した五つのギャング組織(山王街二代目喧嘩屋「山王連合会」・誘惑の白き悪魔「WhiteRascals」・漆黒の凶悪高校「鬼邪高校」・無慈悲なる街の亡霊「RUDEBOYS」・復讐の壊し屋一家「達磨一家」)が勢力を持つSWORD地区を舞台に各チームの衝突やSWORDを狙う巨大ヤクザ九龍グループとの抗争を描く、一見ヤンキー物だったりヤクザ物だったりするんですが、とにかく到底現代日本とは思えない荒唐無稽な闇鍋世界観が特色となっています。
例えば鬼邪高校では闇社会にスカウトされる為に狙って留年を重ね五留で一流という設定があったり、RUDEBOYSはどう見ても北斗の拳やマッドマックスに出てきそうな無名街という世紀末的廃墟に潜んでいてパルクールを取り入れた忍者みたいな動きを(生身で)見せたり、達磨一家なんて抗争の際に太鼓を持ち出して来たり頭領が車のボンネットに乗って登場したり……一方その頃MIGHTY WARRIORSは湾岸地区で着実に勢力を伸ばし続けていた……
と奇抜さがまず目につきますが、それ以上にアクションがスゴイ! アニメみたいな戦闘シーンをなるべくCGを使わず生身で演じているのだから驚きです。EXILEのパフォーマーやアクション俳優の身体能力を存分に活かした作りで、スタントもその道のプロが携わって車が縦回転したりしますからね。
またどうかしちまってる琥珀さんや村を焼かれたスモーキーを始め、多数の登場人物の魅力が演者自身のアクションやアドリブ台詞を通して伝える作りになっています。チーム内やチームを越えた関係性もまた美味しいのです。
そんなこんなでシリーズ完結編(と言ってもまだまだ続くかもですが)のTHE MOVIE3を先行試写会で見てきましたが、鼓動高鳴る(VOICE OF RED feat. GS)集大成でした。いきなり3から見始めるのはオススメできないので、もし興味があれば映画一作目(THE MOVIE)をとりあえず見てみて、波長が合えばテレビドラマのシーズン1から遡って見るのがいいんじゃないかなと思います。


それではもっぱら社会復帰と小説連載を頑張っていきます。次の更新は来年ですかね……何か書くことがあればまた。
ではでは。
スポンサーサイト

プロフィール

Author:宇佐城
同人サークル「月宇佐城」代表
たまに漫画やSSを書いてます
よろしくお願いします


当サイトはリンクフリーです
mail:usg_hiyoko★yahoo.co.jp
(★を@に変換してください)

サイトバナー

カウンター

検索フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。