スポンサーサイト

--.--.--(--) | EDIT

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

--:-- | Comment(-) | Trackback(-) | PageTop↑

春の動物園レポ他 ~ 京都市動物園編

2017.04.30(Sun) | EDIT

当記事は動物園レポの後編となります。前編の天王寺動物園はこちらから。


okazaki1.jpg
さて次にやってまいりましたは京都市動物園。
関西の同人誌即売会などでオタクにも馴染み深いみやこめっせや、平安神宮等の近くに位置します。
こちらは蹴上駅が最寄りの東側。ここに来た理由と共に後述しますがミライハウスという名の売店が入ってすぐにあります。


okazaki2.jpg
天王寺同様大型ネコ科にライオンやトラ、ジャガーがいます。写真は変異種の黒いジャガー。精悍な顔付きしてますやんか。
真っ黒なのでわかりづらいですがジャガー特有の模様もあるとか。わからん……全然わからん!


okazaki3.jpg okazaki4.jpg
天王寺からやってきたフンボルトペンギンもいます。それが「ぼっちのペンギン」とニュース等でも取り上げられたナンテンちゃん。奥の壁際にいるのがそうでしょうか? まるで鏡映しに自分を見ているかのようです……
一方天王寺では飼育していない動物も勿論いて、まずはフェネック。けものフレンズではアライさんとコンビを組んでいましたね。昼間だからかぐったりと寝ています。ちまっとしていて可愛い。


okazaki5.jpg
okazaki6.jpg
別角度と説明パネル。大きい耳で熱を逃がすのさー
もう一匹いますがやはりお休み。どこか探してみよう。


okazaki7.jpg
お次はワシミミズクの助手。右上にじっとしています。かしこいので?


okazaki8.jpg
また幸運にもクジャクが羽を広げているところを激写できました。すごーいきれー! 生で見れると感動もひとしお。
羽を広げるのは繁殖期に雌に求愛するためとのこと。ちなみにけものフレンズに登場するフレンズ達はヒト化する際に雌でも雄の性質が現れたり、元雄でも性質はそのまま少女の姿になるという設定。二話に登場したクジャクもそのケースと言えますね。


okazaki9.jpg
okazaki10.jpg
多くの動物園にいるアミメキリンも、ここでは間近に見ることが出来ます。この見返り美人なショットは一番のお気に入りな写真。
二階デッキから見下ろすことも出来ます。母キリンのミライさん。ミライさんといえば……(オタクの悪い癖)


okazaki11.jpg okazaki12.jpg
動物園の中心にはミニ遊園地なんかもあります。まるで気分はジャパリパーク!
この観覧車は昭和31年に作られた本州にある現役最古の観覧車だそうで。こんなところでも歴史を感じさせるのが実に京都らしい。
で乗ってみました。一人で。一人で。恥も外聞も捨てて人として終わってますよね……老朽化でグラグラくるのが結構スリルを感じさせてくれます。
けものフレンズ十二話のゆうえんちごっこをしたい限界オタクにはちょうどいいスポットではないでしょうか。つまりはこれからもどうかよろしくね~


miyage2.jpg
さてお土産。ハイ、何目当てだったのがバレバレですね。
というわけで現在けものフレンズとのコラボ企画「Meeting Zoo Friends!」が開催されており、限定ご当地グッズをミライハウスで買うことが出来ます。
ここ以外にも札幌・千葉・福岡の動物園で五月末までやっているので、興味があれば尋ねてみてはどうでしょう。札幌にはサーバルキャットがいたり、福岡では貴重なアラビアオリックスが見られるそうで。
ちなみに写真のキャラメルは園の西側の売店ゴリランドの方で買った物。図書館カフェなんてのも付近にありますよ。
そんなこんなで動物園でひとときを過ごすのも一つの楽しみではないでしょうか。わーい!





kanransya.jpg
ED風雑コラで〆 それではまた次回。
スポンサーサイト

春の動物園レポ他 ~ 天王寺動物園編

2017.04.30(Sun) | EDIT

どうもお久しぶりです、宇佐城です。
すっかり季節も移り変わるほどに間が空いてしまいました。放置気味ですみません。その間世情が目まぐるしく変化すると共に、自身も大きく変化しています。
今更ですが去る二月のUNDERTALEオンリーお疲れ様でした。大盛況で存分に楽しませていただきました。
もっとも今後の活動は全く見通しが立っていません。というのも精神的な理由に加え四月からまた無職を始めたという経済的な理由もありまして……
一方で創作活動自体は続けていまして、一次創作のゲームを作ろうと企みつつ、『けものフレンズ』というアニメの二次創作なんかも始めたり。
そう、巷で何かと話題のアレです。当初「IQが下がる」とか「君は○○なフレンズなんだね」とかSNS上で流行り始めた頃はまたよくある日常系美少女動物園を持て囃しているのかと斜に構えていた私ですが、七話辺りから一挙放送で見始めたところ……人間とは何かを動物達を通して問いかけるテーマ、一話完結ながら伏線を張り巡らせながら引っ張る巧みな構成や徐々に謎が明かされていくポストアポカリプスな世界観、そこで素直に生きるフレンズ達の魅力に取りつかれ、今ではすっかりみゃんみゃんみゃんみゃんみんみー! はぁ、サーかば尊い……
そんな勢いに任せ、カクヨムのけものフレンズSSコンテストに四作ほど応募いたしました。こちらから読めますので是非。


と前置きはこのくらいにして、けものフレンズの「原作」である動物達に会いに行こう、と思いたったが吉日。大阪の天王寺動物園と京都市動物園に行ってきました。やってることが以前と変わりない……
というわけで今回はそのレポ記事となります。思いのほか写真が多くなったので前後に分けました。京都市動物園編はこちらをば。


 tennouji1.jpg
通天閣そびえるナニワ新世界の傍に位置する天王寺動物園。以前訪れた四天王寺も近隣にあります。
この日はあいにくの曇天でしたが、家族連れやカップル、そして特に外国人観光客で賑わっていました。


tennouji2.jpg
tennouji3.jpg
カバやライオンといったメジャーな動物は当然いました。
天王寺の特徴としては各種ごとに野生での環境を思わせるようなスペースが用意されていることですね。サバンナだったりジャングルだったり。


tennouji4.jpg
そしてけものフレンズ二話でなかやまおにいさん(飼育員の方)の解説に登場したジャガーです! 実際にここがモデルになっていましたね。本編との比較は省略。
実際には二頭、更に隣の部屋にもう一頭がいます。


tennouji5.jpg tennouji6.jpg
ボールで遊んだり、木にも登って寝ますやんか。


tennouji7.jpg
毎週木曜日はジャガーのおやつタイムとして、飼育員が部屋のあちこちに置いた肉を探し回って食べる姿を見ることが出来ます。写真の奥に小さく赤いものが映っていますが、それがお肉でこの後見事探し当て平らげてました。ごはん!


tennouji8.jpg
tennouji9.jpg
天王寺には日本でここにしかいないチュウゴクオオカミといった貴重な動物もいます。
ふるるーことフンボルトペンギンの楽屋裏も。いつもプールで泳いでいるとは限らないのですね。ここのペンギンは続く京都編にも少し関わってきます。


tennouji10.jpg
夜行性の動物も暗い室内に展示されていて昼間でも活発な様子が見られました。
アライさんでお馴染みアライグマもいるのだ! ラスカルで全国的に有名ですね。写真はボケボケでなんだかよくわからないですが……
アライグマといえば特定外来種に指定され田畑を荒らし犬猫も襲う害獣ですが、元は人間が勝手な都合で輸入しては面倒みきれず遺棄したのが原因でもあり、かといって駆除しなければ被害が大きいものの有効な対策を見い出せていなかったりと、中々難しい問題です。
そういうことを考えさせるためにアライグマをアニメに登場させたかどうかは定かではありませんが……ともかく動物園で見られる姿は可愛らしいんですけどね。


miyage1.jpg
お土産は折角なのでジャガーのグッズを探したものの中々見つからず、諦めかけたところにフィギュアを発見! しかし単品売りではなくネコ科10種セットに入っていました。
結構いいお値段しますが決断的購入。なにせサーバルキャットが含まれていましたからね。写真の左からジャガー、サーバル、オセロット。他にもトラやヒョウなど色々。
ちなみに京都市動物園でも同じ物が売っていましたよ。というわけで後編に続く。

プロフィール

Author:宇佐城
同人サークル「月宇佐城」代表
たまに漫画やSSを書いてます
よろしくお願いします


当サイトはリンクフリーです
mail:usg_hiyoko★yahoo.co.jp
(★を@に変換してください)

サイトバナー

カウンター

検索フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。