バックナンバー

スポンサーサイト

--.--.--(--) | EDIT

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

--:-- | Comment(-) | Trackback(-) | PageTop↑

例大祭13レポ他(新刊web公開付き)

2016.05.10(Tue) | EDIT

どうもこんばんは。宇佐城です。
GWなど関係なく働いていましたが、その分遅れて連休がやってきました。有休が取れるだけホワイトですね! それも今日で最後ですが……
てなわけで一昨日の第十三回博麗神社例大祭お疲れ様でした! 当日うちのスペースに来てくださった方、挨拶させていただいた方、感謝&感謝です。
さて簡単なレポの前に一つ、新刊 『新約幻想郷Ⅲ'』を十分な数用意できなかった反省を踏まえまして、早速ですがweb上で公開することにいたしました。
こちらからどうぞ!
章末ポエムなど横書きのページや挿絵等を省いた簡易版となっていますので、ご容赦を。冊子の方をお持ちの方はそちらで是非。
またシリーズ最終章の為、前作を既読でない方は注意。新約Ⅰ・Ⅱ・IFはBOOTHでの通販もやっていますので、興味がありましたら利用してみてください。通販だけのお得なセットもあったり。


今回は前日の夕方に新幹線で東京入りしました。珍しくハッキリ富士山が見えたり、硬いと評判のアイスを食べたり、それなりに道中楽しみながら。
そして一人高田馬場のゲームセンターミカドに行ってSTG三昧してました。やっぱりアイレムシューとタイトーシューが好きなのは変わらないなと思いつつ。
初代ダライアスで鯨まで到達された方がいてギャラってましたがヤズカが出てからも中々落ちず、噂通りの硬さが感じられました。新幹線のアイスが如く。今度PS4に移植されるそうなので自分でも挑戦してみたいところですね。復活が相当キツそうでした。
ミカドには幻のゲームキメラビーストなんかも稼働しているのでゲーム好きなら一度行ってみて損はないかと。
その後チェックインの予定時間になったので宿に向かいましたが、周辺の如何わしい客引きの多さに驚きました。詳しい場所は伏せますが。ホラーゲームよりリアルの方が怖いものです。


さて翌日の5月8日、例のごとく国際展示場駅で売り子の路泥さんと合流した後逆三角門を潜り抜けました。
設営を済ませて開幕は上海アリス幻樂団の列に。秘封新作『燕石博物誌』は無事入手。
委託開始までまだ先の為細かい言及は避けますが、今回は夢違を踏襲しながらも一風変わった感じに仕上がってましたね。深秘録を経た上で再構築された蓮子とメリーの物語、といったところでしょうか。
アレンジ元の選曲がかなり自分好みで良かったんですが、折角だしラストオカルティズムが収録された秘封CDも出ないかなぁと思ったり。いっそ菫子が主役で東深見が舞台でも面白いかもしれません。
ちなみにPS4版深秘録では鈴仙が追加されるようで。まだ先のことでしょうが楽しみです。
と新作の話は程々に、スペースに一度戻ってくるとしばらくその場にいました。すると前述の通り数を用意していなかった為、新刊が早々になくなっていく事態。完結編が出たということで合わせて既刊も買っていってくださる方も結構おられまして、最初と最後の感が持ち込み分完売となってしまいました。
完全に部数を読み違えていましたね……これに関しては本当に申し訳ないです。
その後挨拶回りと買い物に出たのですが、うちだけでなくかなりのサークルが新刊完売後でして、実に反省ばかりでした。認識が甘い。しかもサークルチェック自体甘くて伺えなかったスペースも多く、重ね重ねすみません。
差し入れ等は全て有り難くいただきました。。中には新刊が無料配布だった為カンパ的に差し入れてくださった方もいて、頭が下がるばかりです。既刊の感想なども励みになりました。



当日のスペースの様子。ようやく新約幻想郷が揃い踏み。思えばここまで来るのに随分かかりました。


イベント後はまず秋葉原に寄って買い逃し分を委託で探したのですが、こちらも十分な結果とはならず。なんだか失敗ばかりした気がします。
気を取り直しましてつくばエクスプレスで二駅、浅草へ。多忙に付きイベントは欠席されたものの会う約束をしていたまっきーさんと打ち上げ&打ち合わせをやりました。
その会場として選んだのは「天明」とデカデカと書かれた看板が印象的な炉端 炭男! コンプエースに連載中のZUN氏のコラム「ゲームが先かお酒が先か」でも紹介されたお店です。


IMG_0534.jpg
というわけで博麗神主に倣って会津の馬刺しを頼みました。競馬に嵌って当日も馬の話を散々してくれた路泥さんには悪いと思いつつもw
他に福島のお酒で先程の看板にもあった天明も一口いただきました。とっても飲みやすく透明感のある日本酒でした。もしアルコールに弱くなければガブガブいっちゃいたいくらいで。料理もボリュームあって○
大通りから少し入ったところにあって落ち着いた雰囲気、じっくり喋るにはもってこいでしたね。まっきーさんとはお互いゲームを作ってることもあってそういう話ばかりになりました。
……いやぁ、毎度毎度腹の調子さえ悪くならなければ。最近はすっかり胃に入りません。それで痩せていくのは困り物ですハイ。
その後終電で関西に戻ってきましたが、もう一泊位すれば良かったですね。


というわけで久々のサークル参加は色々と反省の多い思い出となりました。
前日までの不安が吹き飛ぶくらいに楽しいこともあったんですが。
以前の記事に書いた通り、サークル月宇佐城の活動はおそらくこれにて最後です。無事新約幻想郷も完結できましたし。
とはいえ私個人としては創作意欲が尽きることなく、何かしら続けていきます。主にオンラインで。ツクールRPG『東芳茨墓譚』は今も兎式と作ってる最中で、加えて合同企画への参加予定などもありますから。
ひとまず、今まで応援してきてくださった方にあらためて謝辞を述べます。本当に有難うございました!
……もしかしたら、新約幻想郷総集編なんかをいつか出すかも。需要がなくとも個人的に、文庫で読めるようにしたいんですよねぇ。印刷費を用意できれば、ですが。
そんなこんなで再びイベントに参加する時が来たら、その時はよろしくお願いします。


このまま最終回っぽく締めるのも湿っぽいのでそんじゃまた次回の更新で~と軽く。
十中八九華扇ちゃんゲーの進捗報告になります。
ではでは。うじゃうじゃ~
スポンサーサイト

例大祭13新刊告知

2016.05.01(Sun) | EDIT

どうもこんにちは、宇佐城です。
花見シーズンも過ぎ春も早半ばかと思いきや、連日寒さが戻ってきたり、この地球に振り回されるのは常ですね。九州の方では痛ましい災害もありまして……一早い復興を祈っています。
さて世間では月が変わりGWにも突入しました。職場は平常通り……なのはさて置き、大型連休最後の5/8に開かれる第十三回博麗神社例大祭にはサークルとして参加します!
当サークルとしてはこれが最後になるかも、とは以前に告知させていただきました。そういうわけで、今回悔いの残らぬよう、きちっと新刊を用意いたしましたので、改めて告知します。


“それは人間と妖怪の新しい関係だった”

靈夢と魔理沙の、呪いと願いを巡る物語は終わる。
そして、幻想郷は夜明けを迎えた。全てはここから始まる。


新刊 『新約幻想郷Ⅲ'


A5・44ページ て21b 『月宇佐城』にて無料頒布!



表紙。ラストは原作と同じ構図で描こうと決めていました。背景が白いのもその為です。


ということで東方幻想郷をベースに作者の独自解釈を加えて再構成した東方二次創作小説、『新約幻想郷』の最終巻です。最初のコピー本から丸三年、ついに完全完結! 昨年の例大祭で出した『新約幻想郷Ⅲ (シン)』を書きかえた第六章「シン ~ Dream Battle」と本来の結末へと至るエピローグを収録。靈夢と魔理沙、幽香とエリーの物語に決着を付けたトゥルーエンドとなっています。時系列的には『新約幻想郷Ⅱ』収録の第四章の続きとなりますが、昨年の紅楼夢で出した番外編という名の第五章『新約幻想郷IF』を読んでおくことをオススメしておきます。
三年もの間追い続けてくださった読者の方々への感謝として、今回はオンデマですが値段は付けませんでした。是非とも貰ってやってください。既刊の新約幻想郷・Ⅱ・IFも少部数持っていきますので、完結を機にこれから読んでみようという方は前作とあわせてどうぞ。BOOTHでの通販もやってます。


shinkan_sample1.jpg shinkan_sample2.jpg shinkan_sample3.jpg

shinkan_urahyoushi.jpg
本文サンプルと裏表紙。今回で大団円です。
バレバレなので明言しておきますがガンダム00のパロディですねこの絵は。シチュエーション的には鳥船遺跡と紺珠伝を踏まえているのですが。こういうネタは相変わらず満載。


それから、サークルカットに書いていた「靈異伝×紺珠伝本」の方なのですが……こちらのネタは個人誌ではなくある合同誌の方に寄稿していて、本来ならば同時に告知する予定でした。
ところがその合同、延期とのアナウンスが入り、現在は頒布時期未定です。
原稿自体は出来ているので、もしお蔵入りするようなら後ほど当ブログにて公開するかもしれません。mima×ヘカーティアの雰囲気漫画と、オマケで阿求が靈異伝をプレイする小話ですが。また次回以降の更新で続報をお届けします。


それでは週末の有明でお会いしましょう。さあ準備だ!
例大祭後は秘封新作を聴きつつ、ひとまず茨歌仙RPGをツクっていることでしょう。
うじゃうじゃ~

プロフィール

Author:宇佐城
同人サークル「月宇佐城」代表
たまに漫画やSSを書いてます
よろしくお願いします


当サイトはリンクフリーです
mail:usg_hiyoko★yahoo.co.jp
(★を@に変換してください)

サイトバナー

カウンター

検索フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。