FC2ブログ

バックナンバー

紅楼夢11&デジゲー博2015レポ他

2015.11.22(Sun) | EDIT

どうもこんばんは、宇佐城です。
師走にはまだ少々早いですが仕事の方ではバタバタしている昨今。とはいえ同人イベントのスケジュール的にはようやく落ち着きを見せたところで、今は来年の例大祭まで長い冬休みに入りました。冬コミは行けたら行きたいんですけどね……。
そういうわけでまずは第十一回東方紅楼夢お疲れ様でした! 当日お世話になった方々に感謝です。
今年も六号館に配置だったのですが、四号館と六号館の間の出店は去年にも増して強烈な印象を残してくれました。そう、おそらく既に多くの方が言及されてはいますが……紅霧ならぬ白霧異変ですw

ここは大阪、魔法の都市だ。
飛騨牛の煙が雲と棚引き、あらゆる場所に流れ込む。
だから全ての人々が飛騨牛の夢を見る。
ー『大阪幻夜』より引用(うそ)

というくだらない改変はさて置き、凄まじかったですね、焼き肉の煙が。
イベント後は特に何事も無く直帰だったんですが、翌日一人回転寿司に行きました。飛騨牛ではない。美味しかったですけどね。



当日スペースはこんな感じでした。段々本の置き場所に困ってきたので何か対策を考えましょう。


それから去る11月15日には東京秋葉原で開催されたデジゲー博2015に行ってきました。日帰りで。
去年はレトロデジゲー博の方は行きましたが本家本元のイベントは初体験。ビットサミットと比べるとやはりコミケなどの即売会といった雰囲気でした。試遊が出来るところも多かったですが。
何と言ってもお目当ては上海アリス幻樂団。試遊台は現行のWindowsPCと懐かしのPC-98の二種類。まずは98の方に並んで東方幻想郷をプレイしました。
結果は靈夢で四面GAMEOVER。敵に回すと強いですね魔理沙ちゃん……というか不慣れのキーボードではよくやった方だと思います。レトロ~の時はパッドも選べましたからね。いやまぁその、低速禁止プレイになっちゃいますがパッドだと。
その後はWinの方に並び、去年プレイできなかった弾幕アマノジャクゴールドラッシュを二回やりました。こちらはイベント限定のスコアアタックゲームですからね、プレイすることが出来て感無量です。
一回目はよくわからないままに途中で落ちてしまいましたが、二回目はコツを掴んで二万点台でのクリア。作者たるZUN氏本人が見てる中でこれは嬉しかったです。


IMG_0439.jpg
ゴールドラッシュスコア画面。興奮の余りブレブレw


イベント後は会場でお会いした五蟻さんらと共に赤坂見附へ。そこで、コンプエースに連載されているZUN氏の酒コラムにも紹介されたHOOTERSにて打ち上げをやりました。
皆さんはこのお店をご存知でしょうか? アメリカでは有名なカジュアルレストラン&スポーツバーで、最大の特徴はタンクトップとホットパンツ一枚の寒そう&サイズキツそうな恰好をしたウエイトレス“フーターズ・ガール”というちょっと如何わしささえ感じさせます。
とにかくもう、カルチャーショックの一言でしたね……店員とは思えないほど馴れ馴れしいムチムチお姉さんとアメリカンな料理……異国情緒を味わうには良いかもしれません。
それから二軒目として同じ建物内に隣接しているよなよな BEER KITCHENに移動。こちらも酒コラムに紹介されたお店です。
「よなよな」でピンと来る方も多いでしょうが、ズバリ、よなよなエールの会社の直営店。昨今コンビニでもよく見かける定番クラフトビールですので始めて来たのに妙な安心感がありました。一軒目がアメリカアメリカしてましたのでw
落ち着いた雰囲気の中、紺珠伝や今後の東方の話などをじっくりすることが出来ました。次は地獄が来ますよ(適当)
帰りは打ち上げでもお世話になったquuyaさんが同じく新大阪方面ということで、同席させて頂きました。中々普段人と東方の話をする機会がないだけに、実に貴重な時間を有難うございました。


2015-11-08_00002.jpg
さて、ここからは最近プレイしたゲームの話をクリア報告交えて。
人もすなる蒸気といふものを兎もしてみんとてするなり……というわけでsteam童貞を虫姫さまで捨てました(誤解を招く表現)
『虫姫さま』とは、昆虫(続編では恐竜も加えて)の生み出す紫色のグロい弾を棒読みのお姫様を操って華麗にかわしていく、CAVEの名物STGです。
システムはシンプルで取っ付きやすく、東亜プラン系のオーソドックスな「オリジナル」・CAVEらしい弾幕系の「マニアック」・従来の二周目に相当する超級者向け「ウルトラ」の三つのモードを備えた間口の広さがウリのこのゲーム。CAVEのsteam参入第一弾としてはピッタリではないでしょうか。
そのうちオリジナルモードを二日でクリア。ショットはS縛り。雷電などを嗜む一方弾幕系は不得手な自分としては攻略しやすかったです。もっとも配信開始前にiphone版を結構やってたお蔭ですが。
スマートフォンの移植の方はタッチ操作なのでプレイ感覚は違いますが、ゲーム自体の再現度は高く、また難易度も抑え目(アーケード準拠が一番難しいHELLという扱い)で気軽に遊ぶにはオススメですよ。


スマートフォンへの移植と言えば、今更『ストライカーズ1999』が移植されていることを知りました(^^;
一時期はCAVEと双璧を成した彩京のストライカーズですが、1999だけはコンシューマに移植されていなかったので中々プレイする機会の無かった一作。シューターならこの機にダウンロードしてみては。基本無料なことですし。
ボスの弱点を近接して撃ち込むと則撃破出来てスコアも稼げる「テクニカルボーナス」、練習するにはもってこい。リスキーですが成功すると中々爽快ですぜ。
難易度はやはりスマートフォンという媒体に合わせて下げられてます。四つの難易度から選べて、アーケードの一周目に比較的近いのがPRO。もっとも弾速は遅く、弾幕STGみたいになってますが……撃ち返しのあるMASTERは流石にハード。


seiex2.jpg
それと、六年目にして星蓮船EXクリア達成ですわ。やったねぬえちゃん!
勿論早苗Bを使用したのですが、中々アンディファインドダークネスのコツが掴めず攻略できていませんでした。逆にそこが何とかなればラストに残機を持っていけたという。小傘ちゃんはボムボム&ボム。絶許……


それでは、来年の例大祭に申し込んだらまた更新しようと思います。
ちなみに靈異伝×紺珠伝的な内容の本と、新約幻想郷完結編の二冊を出す予定。あくまで予定なのでどちらか一方は別のイベントで、ということになるやもしれませぬが。
うじゃうじゃ~
スポンサーサイト

プロフィール

Author:宇佐城
同人サークル「月宇佐城」代表
たまに漫画やSSを書いてます
よろしくお願いします


当サイトはリンクフリーです
mail:usg_hiyoko★yahoo.co.jp
(★を@に変換してください)

サイトバナー

カウンター

検索フォーム

QRコード

QR